「僕らは奇跡でできている」の主人公・相河一輝(あいかわ かずき)は、家では長年一緒に暮らしている家政婦・山田さんがいます。

この二人の敬語での会話は気持ちがいいものですね。そして、毎回といっていいほどピリ辛キュウリが出てくるので、自分でも作ってみようかと思うほど。ピリ辛キュウリのレシピが公開されましたよ!

僕らは奇跡でできている ピリ辛きゅうりレシピ


山田さんのピリ辛キュウリ
<材料>
きゅうり 2本
生姜 5g(みじん切り)
塩 小さじ1/2
[A]
豆板醤 小さじ1/2(お好みで加減して下さい)
醤油 小さじ1
砂糖 小さじ1
ゴマ油 大さじ1
白炒りゴマ 小さじ2

<作り方>
1、きゅうりは、両端を切り落とし、まな板の上でめん棒等でたたきます。
きゅうり全体に割れ目が入ったら、食べやすい大きさに割ります。
※細かくたたき過ぎないように注意します。 2、[1] 、生姜、塩をポリ袋等に入れて、袋の上から揉みます。 3、[2] に[A]を加えてさらに揉んで混ぜ合わせます。

上記は、「僕キセ」で公開されているピリ辛きゅうりのレシピですが、麺棒などの棒がない場合はたたかなくても大丈夫。ジップロックに切ったキュウリを入れて調味料を入れ揉みこみをちょっと丁寧にすればいいと思います。私はいつもそうしています。味が染みて食べごろは翌日だそうですが、即食べても美味しいと思いますよ。

家政婦・山田さんの正体は?

第3話では、家政婦・山田さんと一輝の祖父との会話で、何か大事な秘密が共有されているとわかりました。山田さんは実は誰なんでしょう?

もしかして、相河先生のお母さん?なんていう声も出ていますが、どうなんでしょう?

ちなみに、家政婦・山田さんを演じているのが戸田恵子さん。アンパンマンや機関車トーマスの声でもお馴染みの方です。

僕らは奇跡でできている 職員室のシーンがおもしろい

樫野木(かしのき)先生を演じる要潤さん、イケメン二枚目キャラかと思ったらか、かなり一輝に振り回されていておもしろいですね。

そして、アンジャッシュの児嶋さんが演じる沼袋(ぬまぶくろ )先生もいい味出してます。

蟻が大好きで観察している蟻に向かってしょっちゅう「グッジョブ」「どんまい」と独り言のように言うので初めは何なのか?と思っていましたが、職員室で起きていることに対しても言っているので絶妙な間がハマると面白いです。

特に児嶋先生がひとこと言った後に、向こうの方で樫野木先生が反応するところが笑えます。

「僕らは奇跡でできている」の中で、今のところ一人ウダウダしているのが榮倉奈々演じる歯科医・水本育実(みずもと いくみ)ですね。エリートのくせに弱気で自信がない女性。

一輝と出会って彼女はどう変わっていくのでしょう?

僕らは奇跡でできている 好きなシーンと気になる言葉

このドラマでは、相河一輝が、家から勤務先の大学へ自転車で行く時の様子を疑似体験できる気がします。

木々や空を見上げる一輝のように自然を楽しむ気持ちを忘れないようにしたいと感じます。

まだ、一輝についても一輝をとりまく人々に関してもわからないことは多いですが、一輝の言った

「僕は人となかなか仲良くなれませんから」

「でも、一番仲良くなりたい人と仲良くなれたから、それでいいんです」

「昔の僕は、僕が嫌いで毎日泣いてました」

これらの言葉の意味を早く知りたいなと次回を楽しみにしています。

関連記事
僕らは奇跡でできている1話から無料視聴♪キャスト相関図あり

いますぐ無料視聴!
U-NEXT 31日間無料お試し
600ポイントもらえ新作1本みれます!
auビデオパス 30日間無料お試し
au以外もOK!540コインもらえます!
FOD 1ヶ月無料お試し
合計1,300ポイントもらえます!
Hulu 2週間無料お試し
Huluはすべて見放題!
すべてお試し期間内で解約をすると料金は一切かかりません