【シグナル】ドラマを1話からの見逃し配信はどこ?無料動画&あらすじネタバレもこちら

2018年春ドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班」は、関西テレビ・フジテレビ系2018年4月スタートです。

現在、フジテレビ毎週火曜日9時から放送中の「シグナル 長期未解決事件捜査班」

あらすじとキャストについて調べました。

あらすじ
警察官の三枝健人(坂口健太郎)は、幼い頃、友達の女子児童が誘拐・殺害された事件で、女子児童を連れ去った謎の女性を目撃していた。しかし、そのことを警察に伝えるも相手にされず、事件は未解決のまま15年が経ち、時効間近となっていた。
そんなある日、健人は廃棄処分されるはずだった無線機から聞こえてくる声を耳にする。その声の主は、健人と同じ事件を追う刑事・大山剛志(北村一輝)で、事件に関する手がかりを話し出す。健人が、半信半疑ながらも聞いた場所に向かうと、そこには何者かの白骨死体が。大山と無線機で交信を続けるうちに、健人は相手が“過去を生きている”ことを知る。

 

こちらオフショットです!渡部篤郎さんのお誕生日が5月5日でサプライズでお祝いをしたんだそうですよ。

シグナルの第1話、第2話のあらすじネタバレ

4月10日放送分のあらすじ(第1話)
1995年4月、6歳の健人(大江優成)が通う小学校の児童・綾香(丁田凛美)が誘拐され殺された。健人は下校時、綾香に声を掛ける女性を目撃したが、警察は容疑者として橋本(竹内寿)という男の行方を追い、事件は未解決のままに。2010年、時効が数十時間後に迫る中、警官になった健人(坂口健太郎)は捨てられた無線機から自分の名を呼ぶ声を聞く。無線の声に導かれて、廃病院に足を踏み入れた健人は、遺体を発見する。

 

4月17日放送分のあらすじ(第2話)
健人(坂口健太郎)は看護師・圭子(長谷川京子)こそ15年前の女児誘拐殺人事件の真犯人だと確信。時効成立が迫る中、圭子は美咲(吉瀬美智子)の尋問にも口を割らず、健人らは焦りを募らせる。それから程なく、凶悪犯罪の時効が撤廃され、美咲は新設の長期未解決事件捜査班に異動。同じ頃、健人は再び無線機で大山(北村一輝)から連絡を受けていた。8年後、米国でプロファイリングを学んだ健人は長期未解決事件捜査班に配属される。

 

 

三枝健人(坂口健太郎)
警視庁城西警察署の警察官。

大山剛志(北村一輝)
健人と無線機で交信する、城西警察署刑事課の刑事。

桜井美咲(吉瀬美智子)
健人とタッグを組む、城西署刑事課の刑事。長期未解決事件捜査班のリーダー。

中本慎之助(渡部篤郎)
警視庁の刑事部長。警察の裏の顔ともいうべき存在。

 

山田勉:木村祐一
安西理香:青野楓さん、
加藤亮太:神尾楓珠

 

原作はキム・ウニの「シグナル」
すでに韓国でドラマ化。韓国版と日本版とどのように違うのかきになりますね。

 

主題歌:Don’t Leave Me/BTS (防弾少年団)

コメント