CARISERAカリセラは吉本興業のスポンサーだった!静観していた理由が判明!

宮迫、ロンブー亮の闇営業相手は吉本興業公認のスポンサーだった?!

驚きの事実が出てきた!

宮迫博之と田村亮ほか芸人が闇営業をした特殊詐欺グループは過去に吉本興業が公認しているカラテカ入江主催のイベントにスポンサーとして名前を連ねているのです。

だから、事実が明らかになることを恐れて記者会見も行わず静観していたのではないでしょうか?

ここでは、宮迫とロンブー亮ほかが関わってしまった反社会勢力である特殊詐欺グループが吉本興業のスポンサーでもあった!という衝撃の事実を検証してみます。

CARISERAが吉本を通したイベントのスポンサーだった

まず、SNSで話題のツイートがこちら!

吉本を通したスポンサーだから大丈夫と芸人たちは判断していたのがうかがえます。

 

宮迫、ロンブー亮がお金を受け取ったとされる詐欺グループは「CARISERA」ってところらしいんだけど…

入江がちゃんと吉本興業を通して開いたとみられるイベントに普通にスポンサーとして出てる!
入江の「吉本を通したスポンサーだから大丈夫」って言葉は本当だし、吉本は謝罪をしたほうがいいと思う。

CARISERAがスポンサーだったイベントって?

カラテカ入江が主催したイベントに協賛スポンサーとしてCARISERA カリセラの名前が見られます。

カラテカ入江主催のイベントに詐欺グループCARISERAがスポンサーに、これは吉本興業も公認だったのでは?

ただ、入江が主催したイベントなら、既に吉本興業は彼を解雇しているから関係ないじゃないかと思いますが、

宮迫とロンブー亮の会見では、「入江君主催ですが、吉本の社員もいて一緒にやっているイベントのスポンサーが、僕らの行ったのと同じスポンサーだったこともあり、安心してしまった」と言っています。

 

当時は詐欺グループとはわからなかったのかもしれないけれど、謝罪を行うべきは吉本興業なのではないかと思います。

宮迫やロンブー亮ほか芸人を謹慎にさせるだけで終わらそうとしてもムダのようですね。

CARISERA小林宏行のインタビュー記事

検証しました。

 

2016年2月24日の産経ニュースですが、特殊詐欺グループの小林宏行容疑者を逮捕したとあります。

社債購入名目で現金をだまし取ったなどとして特殊詐欺グループとしては過去最大の40人が摘発された事件で、警視庁や宮城県警などの合同捜査本部は、詐欺容疑で、グループのトップで住所不詳の会社役員、小林宏行容疑者(28)と、同じくトップで住所・職業不詳、高松聡容疑者(28)を逮捕した。一連の事件での逮捕者は計48人となった。警視庁捜査2課によると、小林容疑者は容疑を否認し、高松容疑者は黙秘している。

小林容疑者らは10人程度からなる詐欺の電話をかける「架け子」グループを5つ以上統括。平成25年末ごろからの1年半で200人以上から40億円超をだまし取り、経営するエステサロン関連会社などに詐取金を流用していたとみられる。

逮捕容疑は26年11~12月、奈良県の70代女性に「社債を買えば高く買い取る」などと嘘の電話をして計500万円をだまし取ったとしている。

特殊詐欺グループの最高幹部2人を逮捕 被害額40億円超か

 

詐欺グループの小林宏行はCARISERAの代表なのか?ここをきちんと検証する必要があります。

既に削除されているSankei Bizに掲載されていたインタビュー記事を見つけました。元のURLはこちらですが、過去記事をみれるサイトで再現したものがこちら

 

「日本と世界の懸け橋に」 CARISERA代表取締役社長、小林宏行氏(27)に聞く

CARISERA小林宏行は吉本興業のスポンサーだった!闇営業問題に会見を行わない理由が判明

 

産経ビズのインタビュー記事は長いのですが、今日、削除されたようで読めないので引用として残します。

闇営業がらみで問題が大きくなるなか、自分の所で詐欺グループ代表のインタビュー記事はあるとマズいですものね・・・。

エステティックサロン、ビューティーサロンの経営や健康食品の企画、製造、輸入、販売を手がける株式会社CARISERA(カリセラ)の業績が好調だ。代表取締役社長の小林宏行氏に話を聞いた。

天然由来オイルで差別化

同社では、フィリピンに本社を持つカリカ社が販売する、今、世界で最も注目されている天然成分100%オイルやサプリメントの国内総代理店として事業を展開するほか、そのオイルを使ったエステサロンなどを経営。昨年末、東京都渋谷区神宮前にオープンしたエステサロンは30~50代女性を中心にリピーター、新規ユーザーともに順調に増えているという。

高校卒業後、広告代理店に就職。当時の社長の「いい大学を出た人間の2倍稼ぐには、その人間の4倍働かないといけない」という言葉を胸に、休みは1年に正月の1日のみという仕事漬けの生活を送ったこともあるという。当時を振り返った小林氏は、「厳しい日々が続きましたが、あの時の経験が今につながっている」と胸を張る。
その後、22歳で独立し、5年間でエステサロンから飲食店、IT事業まで多種多様な事業を手がけ、CARISERAに取締役として入社。女性の美に対する意識の高さに注目して事業を拡大してきた。“世界一気持ちいい”といわれているタイ古式マッサージとアロマトリートメントを組み合わせたサービスを展開する競合他社がひしめく中、日本ではここだけでしか体験できないカリカ社の天然由来オイルで差別化を打ち出す。

「今後は東京のみならず、名古屋、大阪などの大都市に店舗展開していきたい。また、新事業として、日本のアニメや漫画文化に親しみを感じている台湾やロシア、ヨーロッパやアフリカに事業展開できれば」

「オタク」向け新ビジネス

そう語る小林氏が次に手がける事業はズバリ「オタク向けビジネス」。もともと社内にいた秋葉原フリークの従業員の言動から着想を得たとのことで、自身もニコニコ超会議などのイベント参加で知識を吸収。マンガやアニメの制作はもとより、ゆくゆくは数万人が一堂に会すオタクイベントを開催するのが願望だという。

その第一弾として、現在、日本と台湾のオタク向けポータルサイトやSNSを急ピッチで制作中で、近日中に公開する。「旅行で世界各地を回っていたとき、現地の人が“こんにちは”などの日本のあいさつ言葉は知らないのに、『かめはめ波』などの単語を私に話してきた。この時、日本のアニメの影響力の強さに衝撃を受けました。自分も日本と世界の懸け橋になれるような新しい事業が展開できれば」

カリセラグループの次の10年を作る新規事業を創造することが小林社長の課題。日本で成功した青年実業家の目は、世界に向いていた。(ニュースペース・コム編集部/SANKEI EXPRESS)

■こばやし・ひろゆき 高校卒業後、広告代理店に3年間勤務。その経験を生かし、22歳で独立。5年間でエステサロンから飲食店、IT事業まで多種多様な事業を手がけて今に至る。

宮迫、ロンブー亮が関わった闇営業の相手は、CARISERAの小林宏行で間違いないようです。

吉本興業も公認(!)入江主催のイベントスポンサーをしていたわけです。

吉本興業への批判が高まりそうです。ひきつづき続報も検証します。

「ガキ使」藤原さんの発言は嘘?スッキリ加藤浩次が吉本の会見をバッサリ!
吉本興業の会見で「テープ回してないやろな」と言ったのは冗談だったと「ガキ使」でおなじみの藤原副社長が説明していました。が、その場に藤原さんはいなかったそうじゃありませんか!!朝番組スッキリで加藤浩次は、ロンブー亮に聞いたとこ...
吉本興業の会見で社長は減俸!宮迫とロンブー亮の処分は撤回?!
ついに吉本興業の岡本社長が謝罪会見をしました。宮迫とロンブー亮の会見で露見した「お前らテープ回してないやろな」「全員クビ」といったパワハラ発言にどのように弁明したのでしょう?また、ふたりの処分は撤回、社長は1年間50%の減俸...
宮迫博之と田村亮は謝罪会見でフリーに?ダウンタウン松本が動く?!
ついに「雨上がり決死隊」宮迫博之(49)と、「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮(47)が7月20日、都内で会見を開きました。闇営業でギャラをもらっていないと発言後に、実はお金をもらっていたことを吉本興業に伝えるも静観するよう指示され...

コメント