映画「ビブリア古書堂の事件手帖」キャスト・あらすじ・舞台挨拶情報

映画「ビブリア古書堂の事件手帖」公開は2018年11月1日。予告編&あらすじキャストや初日舞台あいさつ情報も!リリース後はBlu-ray発売と動画配信情報や無料視聴なども更新します。黒木華、野村周平、成田凌、夏帆、東出昌大などが出演しています。

累計680万部の大ベストセラー、日本中から愛される文芸ミステリーを完全映画化。
優れた洞察力と推理力を持つ、ビブリア古書堂店主・篠川栞子。五浦大輔が持ち込んだ【夏目漱石のサイン本】と栞子が持つ【太宰治の希少本】。そこには、人生を変える真実が隠されていた・・・。

主題歌は、サザンオールスターズ「北鎌倉の思い出」
監督:三島有紀子

ビブリア古書堂の事件手帖 予告編


©KADOKAWA映画

ビブリア古書堂の事件手帖 キャスト

篠川栞子(黒木華)
ビブリア古書堂の若き店主。極度の人見知りだが、本に関しては人一倍の情熱と知識を持ち、優れた洞察力で謎を解く。

五浦大輔(野村周平)
祖母が遺した本を持ち込んだことから、ビブリア古書堂で働くことに。過去の体験がきっかけで、活字恐怖症になった。

稲垣(成田凌)
古書店を営む栞子と同業者で、漫画専用のネット販売を行っている。古書の市場である図書交換会で栞子と出会い、本好き同士気が合い関わっ

五浦絹子(夏帆)
五浦大輔(野村周平)の祖母。遺していった 夏目漱石 の「それから」をきっかけに、50年前に小説家志望の青年と秘密の恋をしていたことが明らかになる。

田中嘉雄(東出昌大)
太宰治 に憧れ、小説家を目指している。大輔(野村周平)の祖母である絹子(夏帆)と秘密の恋に落ちる。

ビブリア古書堂の事件手帖 あらすじ

北鎌倉にある古書店「ビブリア古書堂」。夏目漱石の直筆と推察される署名入りの「それから」を持ち込んだ五浦大輔(野村周平)は、持ち主である亡き祖母の秘密を解き明かした店主・篠川栞子(黒木華)の推理力に驚く。その後栞子を手伝うことになった大輔は、彼女が所有する太宰治の「晩年」の希少本が、「人間失格」の主人公と同じ「大庭葉蔵」を名乗る人物に狙われていることを知る。引用:Yahooムービー

『ビブリア古書堂の事件手帖』(ビブリアこしょどうのじけんてちょう)は、三上延による日本のライトミステリ小説シリーズ。

ビブリア古書堂の事件手帖 舞台挨拶

日時:11月1日(木)10:00の回上映終了後
場所:TOHOシネマズ日比谷
登壇者(予定):#黒木華、#野村周平、#成田凌、#夏帆、#東出昌大 、#三島有紀子 監督

詳細はこちら
ビブリア古書堂の事件手帖 公式ツイッター

ビブリア古書堂の事件手帖 公式

コメント